アルブチン

アルブチンとは

 

アルブチンは美白効果が高く美白スキンケアによく配合されている成分です。

 

美白作用以外にも利尿作用や尿路殺菌作用があるため、尿路消毒薬として医療機関で使われています。

 

アルブチンは、もともとは梨やコケモモ等に含まれている天然型フェノール性配糖体であり、メラニン合成に関わるチロシナーゼに作用する成分です。

 

そのため、メラニンの合成を阻害し、美白等に高い効果を発揮するのでしょう。

 

アルブチンにはβ型とα型がありますが、一般的にはβーアルブチンが主流となっています。

 

美白効果が高い成分なので、美白スキンケアを購入する時はアルブチンが含まれているかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

効果

 

アルブチンは美白効果が高いことで知られている成分です。

 

そのため最近は、美白スキンケアに配合されることが多くなりました。

 

なぜ美白に効果的なのかというと、メラニンの生成を抑えてくれるからでしょう。

 

シミが出来るのも日焼けをするのも、メラニン色素のせいです。

 

体内に蓄積したメラニン色素を除去出来れば、美白効果を実感することができます。

 

メラニンが出来る前に抑えることができれば、美白効果も十分に実感することができるでしょう。

 

また、アルブチンはチロシナーゼを抑える働きもあります。

 

体内に蓄積したメラニンは、チロシナーゼのせいで酸化し、徐々に黒色化してシミとなります。

 

チロシナーゼの生成を抑えることができれば、シミになる前に予防をすることができるのでしょう。

 

アルブチンには高い美白効果があるということがわかります。

 

 

基本的にアルブチンには既に出来たシミを除去する効果はありません。

 

メラニン色素の生成を抑えたりチロシナーゼの生成を抑えるだけなので、シミ予防に特化した成分といってよいでしょう。

 

しかし、一度出来てしまったシミは些細な刺激でも濃くなってしまいます。

 

シミを濃くしない為にも、アルブチンはとても重要な成分と言えるでしょう。

 

また、アルブチンは刺激が弱いという点もスキンケアに使われる理由の一つだと思います。

 

肌野漂白剤ともよばれているハイドロキノンはシミ改善に高い効果を発揮しますが、肌への刺激が強すぎる成分なのです。

 

そのため肌への刺激が弱いアルブチンが使われる事が多いのでしょう。

 

 

アルブチンはビタミンCと併用することで更に効果を高めることができます。

 

ビタミンCもシミ予防効果の高い成分として有名ですよね。

 

ビタミンCと併用をすることで肌のターンオーバーが整い、古い角質がはがれやすくなり、くすみも改善するでしょう。

 

ビタミンCとアルブチンの相乗効果で、美肌効果、美白効果を高く実感することができるのです。

 

そのため、アルブチンとビタミンCの両方が配合されているスキンケア商品は多いのではないでしょうか。

 

より高い効果を得たい場合は、併用することをおすすめします。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン