トレチノイン

トレチノインとは

 

トレチノインはアンチエイジングに良いと評判の成分です。

 

アンチエイジングに欠かせない成分といえば、ビタミンAですよね。
抗酸化作用があり、肌の表皮の保護や保湿を補う働きがあります。

 

そんなビタミンAが減少すると、人の肌はどんどん老化していくでしょう。

 

トレチノインは、ビタミンAの何倍もの効果がある、ビタミンAに変わる成分なのです。
そのためトレチノインを摂取するkとおで高いアンチエイジング効果を実感することが出来るでしょう。

 

最近は、トレチノインが配合されたスキンケアが多く販売されています。
トレチノインが配合されたスキンケアを使えば、古い角質をはがし、皮膚の再生を促進することが出来るでしょう。

 

皮脂の過剰分泌を抑制したり、小じわ改善、ハリアップ、ヒアルロン酸の分泌促進など本当にさまざまな効果を実感することが出来ます。

 

特にトレチノインは、シミ改善に高い効果を発揮することで知られている成分です。

 

すでに出来てしまったしみを改善することは、難しいでしょう。
しかしトレチノインを使うことで、肌内部のメラニン色素をどんどん押し出し、排出し、短期間でシミを改善することが出来ます。

 

幅広いシミにも効果がありますし、シミだけではなくニキビ跡などの色素沈着の改善効果も実感できるでしょう。

 

シミ改善をする上で、メラニン色素の除去は不可欠です。
トレチノインが配合されたスキンケアを使うことで、どんどんシミ改善効果を実感できるのではないでしょうか。

 

トレチノインの危険性

 

トレチノインは驚くほどの美容効果を実感できる成分です。

 

しかし、トレチノインが配合されたスキンケアを使うときは、危険性を理解したうえで利用しましょう。

 

トレチノインは、基本的には医師の処方を受けた人のみが使える医薬品となっています。
最近は個人輸入をして使う人も増えていますが、間違った使い方をすると副作用が生じる可能性があるのです。

 

まず、トレチノインを使い始めるとビタミンA反応が生じ、肌のかさつきや皮向け、赤みが生じる可能性があります。
これはあまりの効果の高さに皮膚が過剰反応を起こしてしまうのです。

 

もし肌トラブルが起きたらすぐに使用を中止するようにしましょう。

 

また、トレチノインは妊娠中は絶対に使わないようにして下さい。

 

妊娠中ビタミンAを過剰摂取すると胎児に悪影響が起こるといわれています。
ビタミンAの何倍もの効果を発揮するトレチノインを摂取すると、取り返しのつかないことになる可能性があります。

 

もし、安全性を重視してシミ消しや美白効果を実感したいのであれば、トレチノインよりもハイドロキノンをおすすめします。
ハイドロキノンならトレチノインよりも危険性は少なく、高い美白効果を実感できるでしょう。

 

日本国内で販売されている、ハイドロキノンが高濃度配合したスキンケアもたくさん販売しています。
安心安全にシミを消したいのであれば、ハイドロキノンの配合されたスキンケアを使ってみてはいかがでしょうか?

 

ビーグレンのスキンケアには、ハイドロキノンが配合されています。
ハイドロキノンはもともと肌に浸透しにくい成分かつ、肌への刺激が強い成分でした。

 

しかし独自技術のQuSomeを使うことで、ハイドロキノンの成分を超極小カプセルで包み込み、皮脂を通して肌の奥にまで浸透することに成功しました。

 

カプセルに包まれているので、浸透率は通常の10倍、肌への負担は四分の一に減少したのです。
多くのシミそばかすに悩む方のために開発されたビーグレンのハイドロキノン入りスキンケアを体験してみませんか。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン