ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の効果

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは美白には欠かせない成分です。
美白以外にも、肌の免疫力をアップしたりさまざまな効果を実感することができるでしょう。

 

そんなビタミンCを、より効率的に肌に送り込むことができるのが、「ビタミンC誘導体」です。

 

ビタミンC誘導体は、1980年代半ば頃から普及しはじめたスキンケア成分です。

 

ビタミンCの抗酸化作用、メラニン還元作用、新陳代謝促進作用や皮脂分泌のコントロール機能、コラーゲン生成促成機能などを、より効果的に実感することができる成分だと話題です。

 

そんなビタミンC誘導体にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。

 

 

リン酸アスコルビルMgマグネシウムは、水溶性のビタミンC誘導体です。

 

減量が粉末等で、美白クリームやローション、パウダーなどによく配合されています。

 

もともと粉状なので、たくさん配合すればそれだけ沈殿が起こりやすくなってしまうというデメリットがあります。

 

酵素により、ビタミンCに転換される効果を持っています。

 

 

リン酸アスコルビン酸ナトリウムは、水溶性の誘導体です。

 

効果は若干低めですが、水溶性タイプなのでリン酸アスコルビルMgマグネシウムよりも高濃度で配合しやすいでしょう。

 

そのため、さまざまなスキンケア商品に使われています。

 

 

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは油溶性です。

 

油分に溶けやすい性質を利用し、クリーム等によく配合されています。

 

 

最後にアスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸です。

 

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸は、進化型ビタミンC誘導体とも呼ばれている、最先端の成分です。

 

浸透力が高く、より高い効果を実感することができるでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体は、とても高い効果を実感することができる成分です。

 

しかし、メリットだけではありません。

 

ビタミンCには、皮脂分泌をコントロールする力があります。

 

肌表面の皮脂量が多くニキビが出来易い人等には、とても良い成分でしょう。

 

けれどももともと乾燥肌の人が使うと、肌表面の皮脂量が低下してしまい、肌が乾燥し、敏感肌になってしまう可能性もあります。

 

そのため、乾燥肌の人にはビタミンC誘導体のスキンケアは強くおすすめをすることはできません。

 

確かに高い美肌効果を持ってはいますが、肌状態や季節を見ながらビタミンC誘導体が配合しているスキンケアを使ってみてください。

 

また、ビタミンC誘導体が配合されたローションを使った後は保湿効果の高い乳液やクリームを使う、など、工夫をしてスキンケアを考えてみてください。

 

ビタミンC誘導体は濃度が高ければそれだけ刺激が強くなるので、敏感肌の人も注意をしながら使うようにしましょう。

 

使用前にパッチテストをすることをおすすめします。

 

ただのビタミンCでは皮膚に吸収されない

 

ビタミンCは美肌にとても高い効果を発揮する成分です。

 

しかし、ただのビタミンCがスキンケアに配合されていることはほとんどありません。

 

なぜならビタミンCは、スキンケアへの配合が難しい成分だからです。

 

ビタミンCは、そのままスキンケアに配合して肌につけたとしても、皮膚に吸収されにくい成分だといわれています。

 

安定性がなく、化粧品への配合が難しい成分なのです。

 

そのため、ビタミンC「誘導体」を配合することにより、ビタミンCが肌に定着しやすい状態にしたのです。

 

成分が安定化したお蔭で、スキンケアに取り込みやすくなりましたし、ビタミンCの効果を直接肌に与えることができるようになりました。

 

肌に吸収されたビタミンCは、メラニン色素に近い距離で酵素反応によりビタミンCに変換されます。

 

そこから肌に長時間とどまるので、ビタミンCにより美肌効果を十分に実感することができるでしょう。

 

重要なのはシミに届く浸透力

 

スキンケアに重要なのが「浸透力」です。

 

いくら肌に良い成分をたっぷりと配合していても、浸透力が無ければ意味がありません。

 

肌内部に成分が浸透しなければ、肌の表面を成分が漂っているだけの状態になってしまうでしょう。

 

奥深くにまで浸透すれば、それだけスキンケアの効果も長続きしますし、肌の奥の奥から美しい肌を作り上げることができるのです。

 

もちろん浸透力だけではなく配合されている成分も大切です。
そのため、スキンケアを選ぶときは成分と浸透力の2つを確認したうえで、選んでみてください。

 

 

そこでおすすめしたいのが、ビタミンC誘導体が配合されているスキンケアなのです。

 

ビタミンC誘導体は、肌に浸透しにくいビタミンCを、肌に浸透しやすい状態に変えた成分です。

 

高い浸透力を誇るので、肌内部で酵素を交わり、肌にたくさんの影響を与えてくれるでしょう。

 

 

美肌に効果的な成分の中でも、特に浸透しにくいのがビタミンCです。

 

そんなビタミンCをたっぷりと浴びて、気になるシミを改善することができるのが「ビタミンC誘導体」が配合されたスキンケアなのではないでしょうか。

 

シミが気になる方、美白をしたい方、肌を健康的な状態に導きたい方は、ビタミンC誘導体が配合されているスキンケアを使って見てはいかがでしょうか。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン