私たちは騙されている!セラミドの真実

私たちは騙されている!セラミドの真実

 

「セラミド」という言葉を聞くとどのようなことを思い出しますか?

 

美肌には欠かせない成分で、化粧水や美容液に含まれていると思うはずです。

 

そうなのです。

 

私たちは、セラミドが多く含まれている化粧品に魅力を感じ、それを重視して選ぶ傾向があるのです。

 

 

しかし、セラミドは簡単に肌の中に入って定着できる成分ではなく、どんなにたくさんセラミドが含まれる化粧品を使っても、それは肌にハリや潤いを与えてくれることはないのです。

 

これまでセラミドが含まれる化粧品が一番肌に良いと信じてきた人にとって、この真実はとてもショックなことではないでしょうか?

 

どんなに細かなセラミドや、最近話題のヒト型セラミドでも肌を使っても肌に浸透させることができたとしても、それは一時的なことで定着させることはできないのです。

 

セラミド効果なし

 

セラミドは若々しい肌を保つために不可欠というのは美容界では常識で、様々な研究結果からもそれは実証させている事実です。

 

しかし、そのセラミドをどのように肌に浸透させ、定着させるのかが多くの化粧品メーカーを悩ませるところかのかもしれません。

 

ですから、それができる化粧品こそ本当に肌を若返らせ、ハリと艶を取り戻すことができると言えます。

 

 

セラミドとは?

 

それではセラミドとはどのような成分なのでしょうか?

 

セラミドは肌の角質層に存在するバリア機能がある成分です。

 

不溶性のため、水に溶けることがなく水分を抱え込むことができ、美肌には不可欠な成分です。

 

 

若い健康な肌はセラミドが豊富に存在するため、何もしなくても十分なハリと潤いが感じられます。

 

赤ちゃんや子供のほっぺはプリプリで化粧水など使用しなくても、水分を十分に含んでいるのが分かります。

 

 

乾燥肌や肌の老化によって、このセラミドが不足すると、かさつきだけではなく毛穴の開きやたるみなど、様々な肌トラブルに悩まされるようになります。

 

アトピー性皮膚炎の人は、このセラミドが不足しているため、肌のバリア機能が低下しているのです。

 

そのため、ちょっとした刺激でもかゆみや湿疹ができてしまうアトピー独特の症状が現れるのと言われています。

 

最近では、このセラミドが不足した肌にどう取り入れるかが、症状軽減のカギになるという専門家も多いようです。

 

 

このように、健康的で若々しい肌に欠かせないセラミドは、老化防止や肌荒れ防止のためにも必要不可欠で、どのような美肌成分よりも重要と言えます。

 

化粧品にも多く含まれる成分ですが、本当に肌に浸透できる物はほとんどないので注意が必要です。

 

 

セラミドは水に溶けない・・最近定番のセラミド入り化粧水は意味がない

 

セラミドが肌にどれだけ必要で大切な成分なのかお分かりいただけたと思います。

 

当然、美肌を目指す人にとって最も重要な成分になるはずですが、ただセラミド配合という化粧水を選べば良いのではありません。

 

 

なぜなら、セラミドは水に溶けないからです!

 

そのため、どんなにたくさんのセラミドを配合した化粧水でも、80%以上水でできているため当然溶けてはいないのです。

 

セラミドが入っていても、それが肌の奥に浸透して定着しなければ、全く意味がないことと言えます。

 

 

私たちは「セラミド」という言葉を信じて化粧水を選んでしまいますが、それが本当に肌に浸透しているのかまでは考えていないのです。

 

表面に留まっている間は、潤ったと感じるかもしれませんが、それも15分も続かないはずです。

 

本当に肌の奥深くに浸透し、潤いを与えてくれる化粧水は、朝使って夕方までそれが持続するものなのです。

 

セラミド配合化粧水

 

セラミドが水に溶けないなら、そんな化粧水は存在するはずがないと思いますよね?

 

しかし、新しくなったb.glenの最新テクノロジーによってそれが可能になりました。

 

 

セラミドはどんなに外から入れても意味がありません!

 

そのことに早く気づき、意味のない化粧水にお金をかけるのはもうやめましょう。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン