ブルーライトの肌への影響

ブルーライトの肌への影響

 

ブルーライトカット眼鏡が増えてきましたね。
大手眼鏡ショップのジンズやゾフに行けば、4,000円程でブルーライトカット眼鏡を買うことが出来ます。
既存眼鏡に+数千円支払うことで、度つき眼鏡をブルーライトカット仕様にすることが出来るでしょう。

 

しかし、 「ブルーライト」 って何?と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

ブルーライトカット商品が売られているからこそ、ブルーライトは悪いものだという印象がありますが、何故カットするのか、どのような悪影響があるのか?わかりませんよね。

 

ということで、ブルーライトについて調べてみました。

 

ブルーライトとは?
名前の通り青色光のことです。
一般的に光とは、紫外線、可視光線、赤外線の3種類分類されます。
紫外線は肌に悪いことで有名ですよね。
ブルーライトは、紫外線と可視光線の中間くらいの光です。
人の目で見える光「可視光線」の中でも波長が短くエネルギーが強く、網膜にまで光は到達します。
パソコンやスマホのディスプレイにはブルーライトの光が多く含まれているので、日常的に網膜までブルーライトの影響を受けているといえるでしょう。
現代で、一日に一度もパソコンもスマホも見ない。という人はほとんどいません。

 

ブルーライト スマホ

 

このように、ブルーライトはとても身近な光です。

 

パソコンやスマホを長時間見ていると目が疲れたり、目が痛みを感じることがあるでしょう。
これはブルーライトの影響がとても大きいのです。

 

また、ブルーライトの光を浴びる過ぎると

 

  • 睡眠不足
  • 肥満
  • ガン
  • 精神不安定

 

等に陥る可能性があります。
とても身近なものですが、私たちの体にここまで様々な影響を与えている光だったのです。

 

 

ブルーライトの肌への影響

 

ブルーライトの悪影響

 

現在、ブルーライトが肌に影響を及ぼすことはないと言われています。

 

紫外線が肌に悪いのは有名ですが、ブルーライトはどちらかというと可視光線よりの光です。

 

その為、ブルーライトを浴びたからといって日焼けやシミシワの原因になるということはありません。安心してください。

 

しかし、紫外線のような効果を与えないというだけで、ブルーライトは肌の老化を確実に進行させています!!

 

なぜブルーライト肌に悪いのか

ブルーライトの光を沢山浴びると、睡眠不足になりやすくなります。
夜になると人は自然と眠くなるように作られていますが、眠る前にブルーライトを沢山浴びると日の光を浴びた状態と同等。その為、眠りに誘うメラトニンという物質が分泌されにくくなってしまい、眠気が来なくなってしまうでしょう。

 

スマホ 寝る前

 

寝る前にパソコンやスマホを見ていたら眠れなくなった!というのは、ブルーライトの光のせいなのです。
もちろん、ネットから沢山の情報を得ると脳が活性化されてしまい眠れなくなる、というのもありますが、ブルーライトも目や神経に様々な影響を与えています。

 

このせいで、睡眠不足や新陳代謝の悪化、ストレス、代謝の悪化等が生じてしまい、肌の老化も進行してしまうのでしょう。

 

肌のためには出来るだけブルーライトを浴びない方が良いのです。

 

 

肌をブルーライトから守る必要はあるのか

 

ブルーライトカット

 

ブルーライトによって肌が荒れるのは、どちらかというと内面の問題。
ブルーライトの光が肌に当たったところで影響はないといわれています。

 

しかし、不安ですよね。
可視光線に近い、とはいっても紫外線にも分類されることが多いブルーライト。
浴び続けていたらパソコンのせいで肌が日焼けしたりシミシワの原因になってしまうかも…!

 

老化を食い止めたい、美白美肌を心がけたい人は、ブルーライトからも肌を守るべき!!

 

パソコンやスマホが普及したのはここ数十年の間。
その為ブルーライトの光が数十年後にどのような影響を及ぼすかは想像もつきません。

 

将来的な肌のことを考えると、やはり極力肌をブルーライトから守った方が良いでしょう!

 

 

ブルーライトは日焼け止めで予防出来るのか?

 

ブルーライト 日焼け止め

 

市販されているほとんどの日焼け止めではブルーライトをカットすることは出来ません!! 

 

紫外線と可視光線は違います。
その為、一般的な日焼け止めにブルーライトをカットする機能は含まれていません。
普通に紫外線対策をしていても、ブルーライトから肌を守ることは出来ないでしょう。

 

現在、ブルーライトカット機能も兼ね備えた日焼け止めもいくつか販売されています

 

  • ランコム UVエクスペールXL CCC 5,800円
  • エクスボーテ 薬用オルリッチ ハイプロテクトUV 4,300円
  • ディオール スノー ブルーム パーフェクト 12,000円

 

これらが特に注目を集めている、ブルーライトもカットする機能を備えた日焼け止めです。
しかし…どれも値段が高いですよね。
毎日使うにはもったいない金額のような気がします…。

 

ランコム

エクスボーテ

ディオール

 

 

ブルーライトから肌を守るには美白化粧品が一番!

 

日焼け止めでは簡単にブルーライトをカットすることは出来ません。

 

そこで、一番の対策となるのが美白効果の高い化粧品です。

 

日焼けは、当日以内にしっかりと保湿をしてメラニン生成を防ぐことが出来れば食い止められるといわれています。
ブルーライトによる肌への刺激も、当日中にきちんとケアをしてメラニン生成を防ぎ肌を保護することが出来れば、肌への影響を防ぐことが出来るでしょう。

 

もちろん外出をするときはきちんとした紫外線対策が必要ですが、対策しきれないブルーライトはスキンケアでのケアが一番!

 

自分の肌に合った美白化粧品を選び、将来的にできるシミやシワを防ぎましょう!

 

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン