同じ場所に出来る

シミは同じ場所に出来やすい?

 

シミ 場所

 

シミは同じ場所に出来やすいです。
なぜなら、シミは、何かしらの原因があって出来るからです。

 

シミは、紫外線が当たりやすい部分に出来るといわれています。

 

顔や腕など露出をしている部分は特に出来やすいですよね。

 

普段から紫外線対策をしているつもりでも、完全に防ぎきれるものではありません。
そのため、右頬にシミが出来たら、似たような部分に複数シミが出来ることだってあります。

 

部分的に集中して出来るしみをとめることは難しいでしょう。

 

もちろんシミが出来る原因は紫外線以外にもたくさんあります。

 

スキンケアのとき、日常生活の何気ないとき、摩擦が生じやすい部分はどうしてもシミが出来てしまうでしょう。

 

ストレスなどで出来るしみに場所は関係ありませんが、もともと紫外線などの影響でメラニンが蓄積していた部分はシミが出来やすくなっているでしょう。

 

もしシミが出来たら、その周辺に更にシミが出来るかもしれません。
気になる箇所は、集中ケアをするようにしましょう。

 

一度消えたシミが同じ場所に再発

 

シミが消えた!と思ったら再発した!実は、よくある出来事なのです。

 

せっかく消えたシミが再発したらショックですよね。

 

しかし、これは仕方のないことなのです。

 

肌表面に出ているしみは、内部にまで深くメラニン色素が沈着しています。
たとえ肌表面に現れなくても、肌内部にはシミが残っている可能性が高いのです。

 

一度治ったからといって油断をすると、またすぐに肌表面に現れてしまうでしょう。

 

もしシミが出来たら、改善後も気を抜かないようにしましょう。

 

シミが出来た部位は、もともとシミが出来やすい部位です。

 

改善してからもたっぷりと保湿をして、紫外線ケアをして、シミ改善に良い成分を補っていれば、肌内部に沈着したメラニン色素もいずれなくなるでしょう。

 

油断するとすぐに再発するシミ。徹底したケアを心がけてください。
ちょっとしたケア不足が、シミの再発の原因となるのです。

 

個人差はある

 

シミが出来やすい部分には個人差があります。

 

頬に出来やすい人もいれば、手にしみが出来やすい人、目じりに出来やすい人、デコルテラインに出来やすい人などさまざまなですよね。

 

そのため、シミを改善したいのであれば自分がどの部分にシミが出来やすいかを把握する必要があります。

 

普段のスキンケアでこすりがちな部分、ケア不足な部分、そして紫外線を浴びやすい部分は特にシミが出来やすいといえるでしょう。

 

一度シミが出来やすい部分を知ってしまえば、重点的なケアをしてシミ予防を行うことが出来るでしょう。
シミが出来やすい部分の徹底ケアを行えば、シミのない綺麗な肌を作ることも難しくありません。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン