肌に良くない食べ物

肌に良くない食べ物

 

肌に悪影響 食べ物

 

美しい肌を維持するために重要なこと。

 

それは、肌に悪い食べ物を避ける事でしょう。

 

肌に良い食べ物を意識して食べることはもちろん、肌に悪い食べ物を避けることはとても大切です。

 

肌に悪い食品を取り込んでしまうと、それを処理する為に体がさまざまな働きをして美しい肌を作るのを妨害してしまいます。

 

では、どんな食品を避けるべきなのでしょうか?

 

まずは乳製品です。

 

乳製品は、体内のホルモンを刺激する力があるといわれています。

 

女性ホルモンも成長ホルモンの美しい肌を維持する為には欠かせません。
チーズや牛乳、ヨーグルトを避けた生活は難しいかもしれませんが、極力食べないようにしてみてはいかがでしょうか?

 

あくまで適度に避けるだけなので、ゼッタイに食べてはいけないという訳ではありません。

 

 

次に加工食品です。

 

加工食品といってもいろいろありますよね。
コンビニ等で気軽に購入できる加工食品は避けた方が良いでしょう。

 

なぜなら加工食品は、糖分も脂質も多く配合されています。
そして美容に欠かせないビタミンはほとんど含まれていないことが多いのです。

 

加工食品は肌だけではなく美容によくありません。
そのため、出来るだけ取らないようにしましょう。

 

 

脂っこいものが悪い、というのは有名ですよね。

 

肉類、揚げ物、ファーストフードは美肌の大敵です。

 

これらの食品は、ニキビの元となってしまうでしょう。
肌表面の油分が増えてしまいます。

 

 

この他にも添加物がたくさん含まれたものやコンビニ弁当、インスタント食品は肌には良くありません。

 

肌に悪い食品の多くは、健康にも良くないでしょう。

 

美肌の為にも、健康の為にも、和食中心、野菜や魚を中心とした食生活を行って見てはいかがでしょうか?

 

食生活を改善するだけでも、肌には大きな変化が訪れます。

 

肌荒れした時に良いメニュー

 

肌荒れを出来るだけ改善したい!

 

そんなときはどうしますか?

 

肌荒れ改善効果の高いスキンケアを使ったり、サプリメントを飲む方が多いでしょう。

 

ここでおすすめしたいのが、肌荒れを改善する美肌メニューです。
肌に悪いものを極力控え、肌に良い栄養を補うことができる食事を続ければ、肌荒れ改善も早まります。

 

そんな肌荒れ改善メニューをいくつかご紹介いたします。

 

まずは鶏肉の筑前煮です。

 

筑前煮はゴボウやタマネギ、ニンジン等野菜が豊富に含まれています。
味付けも和風で優しく、カロリーも控えめでしょう。

 

鶏肉も油分が控えめで肌が荒れているときにはとても良い食品なので、鶏肉の筑前煮を作って見てはいかがでしょうか?

 

料理時間もそこまでかかりませんし、気軽に野菜の栄養を補給することができます。

 

 

次にセロリの梅和えです。

 

セロリは栄養豊富!梅も美肌に良い成分が含まれているので、肌が荒れているときには良いのではないでしょうか。

 

作り方はとても簡単です。

 

えだまめとセロリ、ヤマイモを用意して、梅干し醤油ほんだしと混ぜて和えましょう。
これだけでとても簡単に作れる副菜です。

 

 

最後にキャベツとほうれん草の味噌汁です。

 

お味噌汁は飲むだけで大豆イソフラボンを補給できる美肌に欠かせない食品です!
キャベツやほうれん草も肌に優しいし、スープを飲むことで体を温めることができます。

 

体が冷えて居てはどんどん肌荒れも悪化してしまうので、肌が荒れているときは暖かいメニューやスープで体を温めるようにして下さい。

 

 

どのメニューも決して難しくないので、肌荒れを改善したいときは作って見てはいかがでしょうか?
食事から摂れる栄養はとても貴重ですし、肌にも体にもとても強い影響をもたらしてくれるでしょう。

 

肌荒れ改善メニューを続けることで、肌トラブルは改善して美しい肌を取り戻すことができます。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン