ほくろ

ほくろはシミの一種?

 

ほくろ シミ

 

ホクロはまだまだ解明されていない部分が多いです。
そのためホクロはシミの一種なのかと思っている方も多いでしょう。

 

ホクロは急に出来ることがありますよね。
これはシミと同じ紫外線の影響なのか、だからホクロはシミの一種なのではと思うのも仕方ありません。

 

しかし、ホクロとシミは似ているけれども違うものです。

 

シミは、メラニン色素が原因で出来るといわれています。
メラニン色素が紫外線やストレスのせいで肌内部に付着したせいで、除去できずに残った色素が皮膚の表面に現れてくるのでしょう。

 

シミには他にもかんぱんと呼ばれる種類がありますが、こちらは女性ホルモンが乱れたせいで出来るシミの一種です。

 

ほとんどのシミは、メラニン色素が原因で起こるでしょう。

 

しかし、ホクロは違います。

 

ホクロは、体内でメラノサイト自体が増えることにより起こる現象だといわれています。

 

シミと比べると、ホクロは色がとても濃いですよね。
ほとんどが黒色、もしくは黒に近い茶色をしています。

 

また、場合によってはとても大きなホクロになったり、盛り上がってくる場合もあるでしょう。

 

医学的にはホクロは「色素性母斑」と呼ばれています。

 

ホクロは実は良性の腫瘍の一種なのです。
あくまで良性なのでそのままにしておいても問題はありません。

 

 

ホクロとシミは原因が違う、まったく別の物という訳です。

 

ほくろが出来る原因

 

ホクロは生まれた時から出来ているものもあれば、気付いたら出来ているものもありますよね。

 

先天性のものもあれば、後天性のものもあります。

 

特に、首裏や背中など、自分では見えない部分にホクロが出来ている場合もあるでしょう。

 

 

後天的にできたホクロの中でも、20代以降に出来るホクロは紫外線の刺激により出来たホクロだといわれています。

 

また、女性のバイはホルモンバランスの乱れが原因で、妊娠中にホクロができたり、もともと出来ているホクロが濃くなる場合もあるそうです。

 

 

後天的にホクロが出来るのは、紫外線の影響です。

 

紫外線を浴びるとメラノサイトがメラニンを作り出します。
通常であれば生成されたメラニンは排出されて、ほくろが出来ることもありません。

 

しかし、生成途中でメラノサイトが活性化されすぎたり、刺激を受けて異常が起きたりすると、ほくろが出来てしまうのです。

 

そのため、紫外線を浴び続けると日焼けもしますし、シミも出来るし、ホクロが増えやすくなるでしょう。

 

基本的な原因は紫外線だといわれていますが、他にもストレスや疲労、生活習慣によってホクロが出来る場合もあります。

 

 

また、色素沈着が原因でホクロが出来る場合もあるでしょう。

 

下着や靴が肌を摩擦したり、何度も同じ部分に重力が掛かってしまうと、細胞が傷ついてホクロとなってしまうのです。

 

 

ホクロを増やしたくない人は、紫外線対策や肌に負担をかけない生活を行うことも重要なのではないでしょうか。

 

ガンの場合も

 

ホクロはあくまで良性の腫瘍です。

 

しかし、ホクロの中には「悪性の腫瘍」と呼ばれるものもあり、メラノーマと呼ばれています。

 

見た目は普通のホクロと違いがありませんが、メラノーマは皮膚がんの一種なのです。

 

ホクロかと思ったら皮膚がんの可能性があるので注意をしましょう。

 

メラノーマは皮膚細胞が悪性にかわったせいで起こる皮膚異常です。

 

悪性の腫瘍はさらに表皮ガン、有棘細胞ガン、悪性黒色腫などに分類することができ、中でも悪性黒色腫は一番手に負えないガンの種類だといわれています。

 

悪性黒色腫は一度発症するとどんどん成長していき、体中のさまざまな組織に転位してしまうでしょう。
そのためガンが全身に発症し改善が難しくなってしまうのです。

 

メラノーマは皮膚の表面部分に出来るので、そこからリンパ節をたどりさまざまな部分に侵食していくのでしょう。

 

 

ただのホクロと悪性のメラノーマの見分け方は難しいです。

 

しかし、ホクロが大きくなりやすい、輪郭がぼやけていていびつな形をしている、真っ黒もしくはムラがある等の違いがあります。

 

他にもホクロなのに痒みを帯びていたり、痛みを感じる場合はメラノーマの可能性が高いでしょう。

 

出血をする場合もあります。

 

メラノーマは出来るだけ早く気づき、早く対策をとらなければいけません。

 

最悪死に至る可能性も高いガンなので、新しくできたホクロに違和感を感じたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

 

ホクロがメラノーマだった場合、メラノーマを取り除く必要があります。

 

周辺を少し広めに除去し、場合によっては抗がん剤を投与する場合もあるでしょう。

 

既にリンパ節に移動してしまった場合は、リンパ節も取り除くこととなり、とても大がかりな施術となっていくのです。

 

早期発見をすることで、メラノーマの除去だけで対策をとることができるでしょう。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン