原因

シミができる主な原因

 

シミは出来るだけ作りたくないですよね。

 

シミが出来るには、さまざまな原因があります。
原因にさえ気を付ければ、極力シミを作らないようにすることはできるでしょう。

 

シミが出来る主な原因は、シミの種類によって異なります。

 

まず、老人性色素班は、紫外線が一番の原因だといわれています。
中年以降に出来る人が多く、日本人で一番多いシミがこの老人性色素班だといわれています。

 

日光黒子ともよばれており、顔以外にも手、背中、腕等にも出来ます。

 

 

そばかすの主な原因は遺伝です。
小さい頃からあるシミや家族にも出来ている場合は、そばかすの場合が多いでしょう。

 

そばかすは普通のシミと違い、数ミリ以下の細かい点々が頬や鼻、目の下等に出てきます。

 

幼少期から出来る子が多く、3歳から思春期にかけて発症するといわれています。

 

 

炎症後色素沈着は、ニキビや火傷、怪我等による炎症が原因で出来るシミです。
そのため、炎症を起こしていなければ発症しません。

 

年齢性別問わず出来るシミですが、時間経過とともに自然になくなるでしょう。

 

 

最後に肝斑です。
これは、30代後半から40代にかけて出来る人が多いといわれているシミの種類です。
主な原因は、女性ホルモンだといわれています。

 

シミの最大の原因は紫外線

 

しみ 原因 紫外線

 

シミの種類によって主な原因は違いますが、どのシミの原因にもなりうるのが、紫外線です。

 

どんなシミでも紫外線により悪化しますし、シミが出来ている状態で紫外線を浴びるとシミはどんどん治り難くなってしまうでしょう。

 

そのため、シミを作りたくないのなら紫外線対策をすることをおすすめします。

 

一つ気を付けたいのが、「紫外線によるシミの影響は数年後にくる」ということです。

 

なぜ紫外線によりシミが出来るのかというと、紫外線を浴びると体内にメラニン色素が溜っていくからです。

 

これは、少量であればシミに発展はしません。

 

しかし、紫外線を日々浴びるとどんどん体内に蓄積していき、将来的にはシミへと発展してしまうでしょう。

 

これは、数十年と蓄積してきた結果なので、出来たシミはすぐには改善をすることはできません。

 

今現在シミがないのであれば、今すぐに紫外線対策を行うことをおすすめします。

 

紫外線は、どれだけ入念にケアをしたとしても浴びないことは難しいでしょう。

 

一生外出せずに屋内だけで生活をすることは無理に等しいからです。
また、屋内にいたとしてもガラス窓から紫外線を浴びる可能性もあります。

 

日焼け止めやUVカット素材の商品、スキンケアを使うことで、紫外線対策を行う事は可能です。

 

メラニンがシミを作る

 

なぜシミが出来るのか。
それは、メラニンのせいです。

 

紫外線対策や日焼け止め、美白等について詳しい人は「メラニン」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

皮膚はさまざまな皮膚が重なって層の様になっています。

 

一番外側の皮膚は表皮といい、内側にある皮膚は真皮と呼ばれています。

 

シミが出来るのは、表皮の影響です。

 

表皮にはケラチノサイトという表皮細胞があり、この下の層にはメラノサイトという色素細胞があります。

 

紫外線を浴びると、メラノサイトの中で「メラニン」という名前の色素が作られるのです。

 

紫外線を浴びるとメラニンはどんどん増えていきますが、基本的には28日周期のターンオーバーで古い細胞と一緒に剥がれ落ち、シミになることはないでしょう。

 

しかし、たくさん紫外線を浴びているとそうはいきません。

 

メラニンが過剰に作られ過ぎると、剥がれ落ちるはずのメラニンが剥がれ落ちなくなってしまうのです。

 

そのせいで色素沈着として残ってしまい、シミとなります。

 

メラニンは肌内部に長期間居ついてしまうでしょう。

 

何年も前から蓄積しているメラニンの量が増え、ターンオーバーでも剥がし切れない状態になってしまうと、シミとなって表れてきます。

 

肌への刺激やストレスにも注意

 

シミが出来る一番の原因は紫外線ですが、実は紫外線以外が原因でシミが出来る場合があります。

 

シミを作りたくないのであれば、特に注意したいのが刺激やストレスでしょう。

 

まず、肌へ刺激を与えると炎症が起きてしまうでしょう。
炎症が原因で生じるシミは決して珍しくはありません。

 

通常であれば、炎症によるシミは時間経過とともに改善するでしょう。

 

しかし、強い炎症のせいで出来たシミはなかなか治ることはありません。
また、炎症によるシミが出来てから紫外線に浴びると、改善が難しくなると言われているのです。

 

そのため、肌へ極力刺激を与えないように、炎症を起こさないように注意をしましょう。

 

 

ストレスが原因でシミが出来る場合もあります。

 

ストレスとホルモンバランスはとても近しい関係にあるといわれています。

 

そのため、ストレスがたまるとホルモンバランスが崩れてしまい、肌のターンオーバーが不安定になってしまうでしょう。

 

肌は紫外線を浴びてもターンオーバーがあるお蔭ですぐシミにはなりません。
しかしターンオーバーが不定期であれば、シミになりやすい環境を作り出してしまうでしょう。

 

ストレスを改善しホルモンバランスを安定させることも、シミを作らない為には大切な事なのです。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン