シミの種類

シミの種類で一番多いのは老人性色素斑

 

 

一言にシミといっても実はさまざまな種類があります。
種類によって原因も違いますし、対処方法も変わってくるでしょう。

 

シミの中でも一番出来易いのが、老人性色素斑だといわれています。

 

老人性色素斑は、過去に浴びた紫外線のせいで体内にメラニンが蓄積されていき、そのせいでシミが出来てしまう症状のことを言います。

 

老人性色素斑は見た目でもとてもよくわかりやすく、形は類縁系で色は薄茶系のものがほとんどでしょう。
日本人であれば、30代後半から40代にかけて老人性色素斑が発症するかたが多いのではないでしょうか。

 

また、もともと肌の色が白い人はメラニン色素も蓄積しやすいので、紫外線対策を全く行わなかったり頻繁に紫外線を浴びていると、20代でも老人性色素斑が出てくる可能性もあります。

 

老人性色素斑は、あくまで過去に浴びた紫外線がどんどん蓄積して発症するものです。

 

そのため一日紫外線をたくさん浴びたからといって次の日に新しいシミが出来るという訳ではありません。

 

そして過去のシミなので、シミが出来てから対策をしてもなかなか改善をすることは難しいでしょう。

 

今まで浴びた長年のダメージの結果なので、しょうがないのです。

 

紫外線の影響は、すぐにではなく10年後20年後にどんどん現れてくるものです。

 

老人性色素斑は顔をはじめ、腕やデコルテ部分、手の甲等によく出来るといわれています。

 

なぜならこれらの部分が特に、紫外線を浴びやすいからでしょう。

 

人の体にはもともと紫外線のダメージを防ぐ機能があります。

 

日焼けをした後に肌が黒くなるのは、紫外線が肌の奥深くにまで届き肌内部の細胞を傷つけないため、目他人細胞が活性化し目蘭を生成するためなのです。

 

そのため一定時間立ってメラニン色素を排出することで、少しずつ元の肌の色に戻すことができます。

 

しかし、もともと日焼けをしにくい体質の人や日焼け止め対策を行わずに生活をしていた人は、体内でメラニンが過剰に作られてしまうでしょう。

 

そのせいで、老人性色素斑が発症してしまうのです。

 

現在は、レーザー照射をすることで体内のメラニンを破壊して老人性色素斑を治療する方法も行われています。

 

また、他にもクリーム等を使った治療方法などもあるでしょう。

 

しかし老人性色素斑を作らない為に一番大切なことはやはり紫外線予防です。

 

これからシミを作らない為に、体内のメラニンを増やさない為に、紫外線対策を徹底しましょう。
紫外線対策をすることで、老人性色素斑を作らない強い肌となります。

 

そばかす

 

そばかすとは、目元や鼻周辺、頬等に散らばっている茶色いシミのようなもののことを言います。

 

そばかすは、生まれつき出来ている人もいれば歳を重ねていくうえで出来たという人もいるでしょう。

 

そばかすの定義は、目元周辺や頬の上部分等に散らばるようにして出来た茶色い斑点です。
もちろんこれ以外にも「そばかす」のような症状が出ている肌はあるでしょう。

 

そばかすは人によっては季節によって色が濃くなる場合もあります。

 

 

そばかすは、先天的なものと後天的なものがあり、それぞれ性質が少し違います。

 

先天的なそばかすは、思春期くらいの頃から少しずつ増えていきます。

 

大人になってもそばかすが出来ている人もいますが、人によっては思春期を過ぎるとそばかすが消える人もいるでしょう。

 

逆に後天的なそばかすは、大人になってから出来るそばかすであり、自然に消える事もあります。
年齢を追うごとにどんどん目立ってしまうという人も珍しくはないでしょう。

 

そばかすが出来るのにはさまざまな理由がありますが、遺伝でそばかすが出来る、という場合もあります。

 

基本的にそばかすとは、紫外線やスキンケア、肌荒れ、ストレス、ビタミンミネラル不足や睡眠不足が原因で出来るそうです。

 

一番の原因が紫外線、という点は、他のシミと変わらないでしょう。

 

 

なぜそばかすが出来るのかというと、発生酵素の発生が起こるからです。

 

活性酵素は体内のさびや老化を起こす原因といわれており、そのため最近は活性酵素を除去する力があるアンチエイジング成分が話題となっています。

 

活性酵素は、紫外線を浴びたり肌が刺激を受けることで体内に発生するといわれています。

 

活性酵素が生じると、メラノサイトという色素形成細胞が刺激を受け、肌が黒くなる原因となってしまいます。

 

通常であれば、紫外線の影響で日焼けが起こったり体内でメラニン色素が蓄積され将来的にシミとなってしまいますが、人によっては顔にそばかすとして残ってしまうのです。

 

そばかすは肌内部で色素沈着が起きている状態なので、一度出来るとなかなか消えることはありません。

 

スキンケア等でケアをして改善をしたという人もいますが、もちろん消えない程濃いそばかすになる人もいるでしょう。

 

 

一時期ファッションでそばかすを書くメイクが話題となりました。
メイクで書くそばかすは一時的なものなので気になりませんが、やはり自分の肌にそばかすが出来てしまうと気になる人が多いのではないでしょうか。

 

炎症性色素沈着

 

炎症性色素沈着は、皮膚が炎症をおこしたせいで発症するシミの種類です。
シミではなく、色素沈着ともいわれています。

 

これは、皮膚が炎症を起こせば全身のどんな部分でもほとんど起こってしまう現象でしょう。
特に日本人は、炎症性色素沈着が出来易い体質だといわれています。

 

特に多いのが、怪我の跡の色素沈着やニキビ跡なのではないでしょうか。

 

さまざまなことが原因で発症するので、炎症性色素沈着に年齢は関係ありません。
小さい子供でも、けがをすれば一時的にではありますが炎症性色素沈着が出来てしまう場合があります。

 

なぜ炎症性色素沈着が出来るのかというと、皮膚が延焼したせいで活性酵素が発生するからでしょう。

 

活性酵素が発生しメラニン色素を作り出すメラノサイトが刺激されるから、というのは加齢で出来るシミと変わりません。

 

しかし炎症性色素沈着は、皮膚の炎症が治まってくれば次第に赤みも引き、どんどん炎症性色素沈着も改善していくでしょう。

 

炎症性色素沈着は本当にいろいろなことが原因で起こり、火傷やアトピー、虫刺されなどによって起こる場合もあります。

 

また、人によっては化粧品が被れたせいで炎症性色素沈着が発生する場合もあるでしょう。

 

レーザー治療を行った後に一時的に炎症性色素沈着が出来る場合もあります。

 

炎症性色素沈着の形状は、外傷が起こった形と同じ様に出来ます。
色合いは炎症の強さによって違い、薄い褐色から黒褐色までさまざまでしょう。

 

怪我の度合いによって炎症性色素沈着は全く異なるのです。

 

炎症性色素沈着は通常のシミと違い、顔だけではなく背中や足、腕等にも出来易い症状だといわれています。

 

 

炎症性色素沈着の一番の特徴は、そのまま放置していても消える可能性が高いという点でしょう。
一時的なものなので、出来たとしても安心をして下さい。

 

しかし、炎症性色素沈着の度合いによって症状が変わるので、酷い炎症性色素沈着の場合は消えるまでに何年もかかってしまう可能性があります。

 

そして、炎症性色素沈着が出来た部分が日焼けするとメラニン色素が更に生成され、消えにくくなってしまうでしょう。

 

肌のターンオーバーが遅れても、改善が遅くなります。

 

ほとんどの場合が改善する炎症性色素沈着ではありますが、かさぶたが出来て何度も何度も剥がす等、同じ部分に何度も同じ様な炎症性色素沈着が出来ると、消えなくなってしまう場合もあるでしょう。

 

もし炎症性色素沈着を早く改善したいなら、美白化粧品がおすすめです。

 

 

肝斑 かんぱん

 

肝斑って知っていますか?

 

肝斑とは、シミの一種です。
年齢を追うごとに肝斑が出来る女性が増えてくるでしょう。

 

肝斑の一番の特徴は、左右ほぼ同じ位置、同じ形、同じ大きさで現れるということです。
特にほほ骨辺りに出来ることが多いのではないでしょうか。

 

シミかな?と思ったら、反対側の位置に同じシミが出来ていないかを確認してみてください。
左右対称の位置にあったら、それは肝斑です。

 

肝斑はほほ骨辺りに一番多く出来るといわれていますが、額や口周りなど他の位置に出来ることももちろんあります。
しかし、目の周辺には肝斑は出来ません。

 

シミが出来る主な原因は紫外線です。

 

しかし肝斑が出来るのは紫外線だけではなく、女性ホルモンも関係しているといわれています。
なぜなら、年齢のせいだけではなく出産を経た方や避妊薬を飲んだ方が肝斑が出やすいと言われているからでしょう。

 

他にも、ストレスがたまりホルモンバランスが乱れている肝斑が出来てしまうといわれています。

 

肝斑は、美容クリニックや皮膚科等で治療を行うことができます。
しかし一番大切なのは自分で予防をすることでしょう。

 

女性ホルモンが要因で出来易い肝斑ではありますが、やはり紫外線対策を行うことが一番の予防策といえます。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン