シミを隠すメイク

シミを隠すメイク方法の基本

 

しみ隠し メイク方法

 

一度出来てしまったシミはなかなか消すことはできません。
たとえ綺麗になったとしても、時間はかかってしまうでしょう。

 

どうすれば、メイクでシミを綺麗に隠すことができるのでしょうか?

 

まず大切なのが、事前のマッサージです。

 

しみが出来ている部分は乾燥しやすくなっています。
そのため、メイクをした後に乾燥からよれてしまい易い部分ともいえるでしょう。

 

事前にマッサージをする事で血行促進をし、しっかりとシミを隠すことが出来るのです。

 

マッサージは、スキンケアと同時に行いましょう。

 

美容液や乳液を塗りながら、眼尻、まぶた、目頭や上まぶたなど全体を通るように圧力をかけてください。

 

マッサージをすることで血流も促進されますし、むくみやたるみも改善できるのでおすすめです。

 

シミ隠しのメイクで重要なのが、丁寧に、厚塗りしすぎないことです。

 

確かに厚塗りをするとシミを隠し易いかも知れません。
しかしメイクも崩れやすくなり、時間が絶つとシミがかえって目立ってしまう可能性が高いのです。

 

そのため、始めからカバー力の高いコンシーラーやファンデーションを使うことをおすすめします。

 

カバー力の高いメイク用品を使えば、少量でも十分にカバーできるでしょう。

 

 

シミ隠しに良いおすすめコンシーラー

 

肌のトラブル隠しと言えば、コンシーラーですよね。

 

コンシーラーはパウダーファンデーションの場合はファンデーションの前に、リキッドやクリームファンデーションの場合はファンデーションの後に使います。

 

コンシーラー選びで重要なのが、暗めの色を選ぶことです。

 

明るい色のコンシーラーを使って肌を明るく見せたい、暗いシミを薄く見せたいと思う人もいるかも知れません。

 

しかし明るい色のコンシーラーはシミが白浮してしまう可能性もあるでしょう。

 

そのため、周りの肌よりもやや暗めのトーンのコンシーラーを選ぶことをおすすめします。

 

次に、重ね塗りをし過ぎないことです。

 

コンシーラーを重ね塗りした部分は乾燥しやすくなり、どんどんメイクが崩れてしまいます。

 

コンシーラーで隠したいかもしれませんが、朝のメイクでコンシーラーを使うときは最低限で、あとは定期的にメイク直しをするようにしましょう。

 

 

コンシーラーでおすすめしたいのが、固形のコンシーラーです。

 

コンシーラーにはいくつかの種類がありますが、シミ隠しには特に固形タイプのコンシーラーが良いでしょう。

 

硬めのテクスチャーの方がしっかりとカバーできますし、肌との密着度が高いので厚塗りせずに、きちんとシミを隠してくれるのではないでしょうか。

 

指の腹でトントンとたたき込むだけで、シミをカバーしてくれます。

 

また、コンシーラーを塗った後はしっかりとフェイスパウダーで皮脂を防ぎましょう。

 

皮脂はメイク崩れを呼び起こします。
しっかりとフェイスパウダーを叩きこむことで、長時間崩れないメイクを作り上げることができるでしょう。

 

 

シミ隠しに良いといわれているコンシーラーはたくさんありますが、その中でも特に評判の良い商品をいくつかご紹介します。

 

まずはイブサンローランのボーテラディアントタッチです。

 

筆タイプのコンシーラーで、20年以上のロングセラー商品となっています。

 

瞬時に自然にシミを隠し、透明感のある素肌を作り上げてくれるでしょう。

 

筆ペンタイプなので、メイク直しも簡単にできます。

 

次に、イプサのクリエイティブコンシーラーです。

 

こちらの商品はプロも愛用している程の人気製品です。

 

3色入っているので、肌に合わせて使い分けたり、ブレンドして好みの色を作り上げることができます。

 

滑らかで肌によくフィットし、時間が経ってもヨレることなく美しい肌をキープすることができるでしょう。

 

無香料で肌に優しく、安心して使うことができるコンシーラーです。

 

シミ隠しファンデーション

 

シミが広範囲に出来ている人は、コンシーラーだけではなくファンデーションでもカバーをすることをおすすめします。

 

カバー力の高いファンデーションを使えば、コンシーラーを使わなくてもシミをほとんど隠すことができるでしょう。

 

カバー力が欲しい時は、リキッドタイプのファンデーションがおすすめです。

 

顔全体にリキッドファンデーションを伸ばせば、気になるシミも一瞬で薄く見えるのではないでしょうか。

 

リキッドファンデーションをシミ隠しで塗るときは、シミが出来ている部分にリキッドファンデーションを乗せてから顔全体に伸ばしましょう。
最初に付けた部分は、一番濃くファンデーションが付きます。

 

カバー力の高いファンデーションは、厚塗りに見えやすいでしょう。
そのため、まずは手で伸ばして、そこからスポンジでポンポンと伸ばしていくようにして下さい。

 

気になる部分はスポンジで叩き込む様に塗りましょう。

 

最初は薄く、後から気になる部分を少量ずつ叩き込むことで、自然に気になる部分をカバーすることができます。

 

もし一度ファンデーションを塗ってもまだシミが気になる場合は、再度ファンデーションを塗ってみても良いでしょう。

 

コンシーラーで隠しても良いのですが、コンシーラーを広範囲に塗ると途端に厚塗りな印象になってしまいます。

 

それよりなら、ファンデーションを重ね塗りした方が自然に隠すことができるでしょう。

 

何度も何度も重ね塗りをしてから、崩れないようにパウダー等で蓋をして下さい。

 

フェイスパウダーは最初は顔全体に乗せましょう。
次に、シミが気になる部分にブラシやパフで抑えるように塗って下さい。

 

気になる部分に再度塗ることで、崩れを防ぐことができます。

 

 

シミ隠しで特におすすめしたいファンデーションが、カバーマークのブライトアップファンデーションです。

 

気になる部分を自然に明るく出来る、部分用のファンデーションとして評判です。

 

なめらかだけれども自然に、気になる部分をしっかりとぼかしてくれるでしょう。

 

保湿効果が高いので、長時間経っても化粧崩れすることなく、綺麗にカモフラージュしてくれます。

 

 

資生堂スポッツカバーファンデーションも、おすすめの部分用ファンデーションです。

 

あざやシミ等を隠す専用のファンデーションなので、とてもカバー力が高く綺麗に仕上げることができるでしょう。

 

値段も安く、自然な仕上がりで気になるシミを隠せるファンデーションと評判の商品です。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン