日焼け止めの正しい選び方

日焼け止めの選び方 敏感肌

 

夏の必須アイテム日焼け止め!

 

しかし、日焼け止めはとても肌への負担が大きいものです。
敏感肌の人は、日焼け止めで肌が荒れないか不安ですよね。

 

敏感肌の人はどうやって日焼け止めを選べばよいのでしょうか?

 

一番重要なのは、極力肌へ負担をかけないことです。

 

日焼け止めは、効果が高ければ高いほど、肌への負担も大きいです。
しかし、普通の日焼け止めでも敏感肌の人は肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

 

そのため、日焼け止めを選ぶときは無香料無着色低刺激、かつお湯や石鹸で洗い流せるものを選ぶようにしましょう。

 

ほかにも、アルコールフリー、無添加、防腐剤フリー、無鉱物油、石油系界面活性剤フリー等の商品は、肌への負担があまりかからないのでおすすめです。

 

簡単に洗い流せる低刺激の日焼け止めであれば、敏感肌の人でも安心して使えるはずです。

 

また、ノンケミカルのものもおすすめです。

 

紫外線には紫外線吸収剤が使用されているものが多く、紫外線吸収剤のおかげで肌に届いた紫外線がほかの分子と結びつき、日焼けをガードすることが出来ます。

 

紫外線吸収剤は汗等に強い性質を持っていますが、肌表面で一度紫外線を吸収するので刺激が強いと感じてしまう可能性があるのです。

 

紫外線吸収剤は、カプセルに含まれているので肌に直接触れることはなく、肌への負担にはならないという説もあります。

 

しかし、肌へのやさしさを考えるのであれば、やはりノンケミカルの方が良いでしょう。

 

夏場はウォータプルーフの日焼け止め効果の高い商品が人気です。

 

けれども敏感肌の人は、日焼け止めの効果よりも、肌へのやさしさを重視して日焼け止めを選んでみてはいかがでしょうか?

 

もし、低刺激の日焼け止めを選んで日焼け止め効果が不安という場合は、頻繁に塗りなおすようにしましょう。

 

SPFやPAの数値が高いものと低いものの違いは、持続時間です。
数値の低い日焼け止めでも、頻繁に塗りなおすことで効果を持続することが出来ます。

 

薄く何度も塗り重ねれば、弱い日焼け止めでも効果をアップさせることが出来るでしょう。

 

どんな日焼け止めでも、塗りなおさなければ十分な効果は得られません。
頻繁に塗りなおすことは、どんな日焼け止め出も大切なことなのです。

 

オーガニック、ノンケミカルの効果

 

敏感肌の人におすすめしたい日焼け止めといえば、ノンケミカルの日焼け止めです。

 

市販のほとんどの日焼け止めには、ケミカル(紫外線吸収剤)が含まれています。

 

ノンケミカルの日焼け止めには、紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤が含まれているのです。

 

これは粘土等を粉状にした成分で、肌表面で紫外線を錯乱させる効果のある成分となっています。

 

肌に一度吸収してから日焼け止め効果を発揮するケミカルの日焼け止めと違い、ノンケミカルの日焼け止めは肌に吸収することなく肌表面で紫外線を反射するので、低刺激で安心して使えると評判です。

 

一般的にケミカル配合の日焼け止めが多いのは、ケミカルの方が汗や水に強く、ノンケミカルの日焼け止めは汗で崩れやすい、塗り心地が悪い、白浮きしやすいなどのデメリットがあるからでしょう。

 

最近は改良が重ねられこれらのデメリットのないノンケミカル日焼け止めも増えてきましたが、それでもケミカルの日焼け止めよりも効果が低いといわれています。

 

しかし、敏感肌の方は出来るだけノンケミカルの日焼け止めを選んだ方が良いでしょう。

 

最近は、ノンケミカルと記載していても、特定の化学物質を使用していないだけでケミカルが配合されいてる日焼け止めもあるみたいです。

 

確実にノンケミカルの日焼け止めを購入するためにも、成分をチェックしたうえで選ぶようにしましょう。

 

次に、オーガニック系の日焼け止めです。

 

オーガニック系の日焼け止めは、天然成分のみ、無添加、肌に優しくオイルや化学物質を一切使っていない商品がほとんどです。

 

敏感肌の人は、スキンケアもオーガニックや無添加の商品にこだわっている人が多いですよね。

 

日焼け止めもオーガニックにすることで、肌を守ることが出来ます。

 

しかしオーガニック商品も、一部のオーガニック材料を使うのみでオーガニックと言っている商品があります。

 

もちろんオーガニック以外の成分が体に害があるというわけではありませんが、せっかくオーガニック製品を選ぶのであれば、完全にオーガニックな商品の方が良いですよね。

 

こちらも、確実にオーガニックな商品化どうか見極めたうえで選んだ方が良いでしょう。

 

最近はほかにも、自然派由来の日焼け止めや天然成分配合の日焼け止め、無添加の商品等、肌へのやさしさを考慮した商品がどんどん発売されています。

 

しかし、本当にノンケミカルか、オーガニックかはぱっと見ただけではわかりませんし、肌に優しい商品は使用期限が短いことも多いでしょう。

 

肌のこと考えるのであれば、本当に良い商品を見極めてください。

 

格安の市販品か?ブランドの高級品か?

 

ドラッグストアに売っている日焼け止めの値段はとても幅が広いです。

 

ワンコイン程度で買えるものもあれば、数千円で売っている日焼け止めもありますよね。

 

容量もSPFやPAの数値が同じでも、値段が全く違う商品があります。

 

市販の格安日焼け止めと、ブランドの高級日焼け止めにはどのような効果があるのでしょうか?

 

まず、使ってみてわかりやすい違いといえば、塗りごこちです。

 

安い日焼け止めは、伸びが悪い、白残りがする、浸透率が悪い等があるでしょう。
しかし効果が日焼け止めは、一度ですっと伸びて白く残らず、ぐんぐん浸透する効果を感じます。

 

伸びが良いので少量でも広範囲に使うことが出来る、塗り心地がいいので塗り直しも簡単などのメリットがあります。

 

これは、あまり日焼け止めやスキンケアに詳しくない人でも、ちょっと使えばすぐにわかる効果です。

 

次に、美容液等の成分です。

 

日焼け止めをいくら塗っていても、紫外線にさらされた肌は多少日焼けをしてしまうでしょう。

 

日焼けした肌は、出来るだけ早く保湿をすることで肌内部のメラニン色素の生成を食い止めることが出来ます。

 

高価な日焼け止めには、極力日焼けの影響を受けないために、さまざまな美容成分が含まれているのです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミン等の保湿成分も同時に補うことで、たとえ日焼けしたとしてもその効果を最小限に食い止めることができるのです。

 

もちろん塗った後の肌は艶々としていて、保湿されて、美肌効果も実感できるでしょう。

 

パウダータイプの日焼け止めの場合は、毛穴カバー効果やラメのおかげで肌をきれいに見せる効果があります。

 

持ちも良く、長時間綺麗な肌を維持することが出来ます。

 

 

最後に開発費です。

 

高価な日焼け止めは、毎年高額な開発費をかけて、年々改良を重ねている商品が多いでしょう。

 

確かにSPFやPAは変わらないかもしれませんが、高品質な日焼け止めは着け心地や美容成分はもちろん、下地機能は保湿効果、紫外線の反射率が変わります。

 

そのため、全く同じSPFやPAの日焼け止めでも、高価な日焼け止めの方がしっかりとUVカット効果を実感することが出来ます。

 

ブランド品の日焼け止めでなくても、オーガニックやノンケミカル、無添加や自然派由来の成分にこだわった日焼け止めは値段が高くなってしまいます。

 

もちろん、ブランドの日焼け止めや高価な日焼け止めは広告費がたくさんかかっている場合もあります。

 

しかし、よりたくさんの効果を求めたいのであれば、安い日焼け止めよりも高価な日焼け止めの方が良いかもしれませんね。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン