紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは?

 

日焼け止めには「紫外線吸収剤」もしくは「紫外線散乱剤」が配合されています。

 

これは、紫外線をブロックしてくれる原料であり、日焼け止めには欠かせない成分です。

 

紫外線吸収剤は、紫外線のエネルギーを取り込み、科学的に処理することができる日焼け止めの成分のことをいいます。

 

有機物を含む有機化合物が主です。

 

なぜ紫外線吸収剤で紫外線防止効果を得られるのかというと、紫外線吸収剤は取り込んだ紫外線を熱や赤外線に変えて、放出したり一時的に分子構造を変えるために消費する力があるからでしょう。

 

紫外線エネルギーを紫外線吸収剤が使用することで、肌に紫外線の影響を与えずに過ごすことができるのです。

 

紫外線吸収剤が熱を変換したとしても湿度が高くなる訳ではありませんし、もちろん肌への負担もかかりません。

 

紫外線吸収剤は化学変化を起こすことで紫外線予防効果を得ることができます。

 

しかし、時間経過とともに分子が壊されてしまい、十分な化学変化を起こせない状態となってしまうでしょう。

 

そのため、定期的に日焼け止めを塗り直さないと紫外線吸収剤の効果を十分に得ることができなくなってしまうのです。

 

紫外線吸収剤は、日焼け止めにはなくなてはならない成分でしょう。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン