日焼け止めの使用期限

去年の日焼け止め、効果はあるの?

 

日焼け止め 期限

 

夏の必須アイテム、日焼け止め!

 

頻繁に使う人なら人夏に何本も購入するかもしれませんが、中には1シーズンでは使い切れない人もいますよね。

 

使い切れなかった日焼け止めは来年使おう…なんて人も多いのではないでしょうか?

 

去年の日焼け止めって使うことが出来るの?

 

日焼け止めには賞味期限があります。

 

だいたいは製造から3年ほどだといわれていますが、これはあくまで未開封の状態での話です。

 

ほとんどの日焼け止めは、開封すると1シーズンから1年ほどが賞味期限だといわれています。

 

無添加の日焼け止めは防腐剤が入っていないため、使用期限はより短くなってしまうでしょう。

 

防腐剤不使用の無添加日焼け止めは使用期限が記載されていることも多く、未使用で一年、開封後は半年程度が目安の場合が多いです。

 

そのため、去年使った日焼け止めの再利用はあまり推奨されていません。

 

去年使った日焼け止めでも効果がないというわけではありません。
一年以上経過した日焼け止めでも、日焼け止め効果を発揮する商品は多いです。

 

しかし、体のことを考えると、出来るだけ古い日焼け止めは使わない方が良いのではないでしょうか?

 

古い日焼け止めは危険?

 

古い日焼け止めは、中身が酸化している可能性が高いでしょう。

 

そのため、人によっては肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

日焼け止め効果は衰えていないとはいえ、せっかくの日焼け止めで肌荒れを起こしてしまうのは嫌ですよね。

 

特に注意をしたいのは、分離していないか、変色していないか、異臭がないかの3点です。

 

どれかに当てはまる日焼け止めは危険なので、極力使わないようにしましょう。

 

万が一日焼け止めが残ってしまった場合は、保管方法に気を付けて次のシーズンを待ってみてはいかがでしょうか?

 

日焼け止めは、直射日光を避け、キャップや口元を綺麗に拭き取り、丁寧に閉めてから日の当たらない常温の場所に保管すると良いといわれています。

 

日焼け止めは温度の変化に弱いので、冷蔵庫での保管は辞めましょう。

 

 

また、日焼け止めは夏以外でも使用をすることをおすすめします。

 

夏に使い切れなかった日焼け止めは、秋にも使うようにしましょう。
無添加の日焼け止め以外であれば、半年以上は使えるはずです。

 

日焼け止めは夏にしか使わないアイテムという人もいるかもしれませんが、秋でも冬でも曇りの日でも紫外線対策は必要です。

 

夏場ほど強力ではありませんが、適度な日焼け対策をしなければいけないほどの紫外線量が出ているのです。

 

毎日日焼け止めを使っていれば、長くても一年以内で使い切れるはずです。

 

真夏用の強力な日焼け止め以外であれば、夏以外の季節でも使えますよね。

 

夏に使い切れなくても、ほかの時期で使い切るようにしてください。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン