マスク

マスクは肌に悪影響?

 

マスク 肌荒れ

 

いろんな場面で活躍するマスク。

 

あんなときこんなとき、ついついマスクに頼っちゃいますよね。

 

昔はマスクというと、風邪をひいている人が使うものという印象がありました。
しかし最近は、花粉症の人はもちろんすっぴんを隠したい人、顔を隠したい人等が使う事も増えて来ましたね。

 

そんなマスクを付けると肌荒れする可能性があるって知っていましたか?

 

マスクを付けていると、肌表面が摩擦されてしまいます。
そのため、マスクの摩擦の刺激により肌が荒れてしまう可能性があるんです。

 

また、マスクの中には衛生環境を保つ為の抗菌剤が配合されていることがあるでしょう。

 

この抗菌剤が肌へ負担をかけている可能性があります。

 

メイクをしたままマスクをすると、更に肌荒れし易くなってしまうでしょう。

 

メイクの汚れでマスクがどんどん汚れてしまい肌荒れが悪化してしまいます。

 

普段何気なく装着しているマスク、意外と注意が必要なのかも知れませんね。

 

マスクでニキビ?

 

ニキビが出来ている!

 

そんなとき、治るまでマスクで隠す人って結構多いはずです。
特に冬から春にかけては風邪もしくは花粉症だといってマスクを付けたままにしておくことも出来ますよね。

 

しかし、ニキビ隠しのためのマスクがニキビを悪化させる可能性があるって知っていましたか?

 

本来マスクは外部の細菌をブロックする為に付けるものです。

 

そのためマスクを付けると、ニキビの菌を肌内部に密着させてしまうのです。

 

皮膚が刺激され、皮脂分泌が過剰になる事もあるでしょう。

 

また、マスクを付けると顔の中が蒸れてしまいますよね。
湿度も上がってしまい、アクネ菌が繁殖しやすい状態となってしまうでしょう。

 

さまざまな原因が重なって、ニキビが出来易い状態となってしまうのです。

 

ニキビを隠したいからといってマスクを常用するのは止めましょう。
ニキビの治りが遅くなってしまいますよ。

 

では、どうすればいいの?

 

マスクは肌荒れするとは言われているけれども、それでもマスクを付けたい人もいますよね。

 

もちろん風邪をひいているときや花粉症の人は、どうしてもマスクを付けなくてはいけないでしょう。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

今は不織布タイプのマスクが主流となっています。
しかし肌にはガーゼタイプのマスクの方が良いでしょう。

 

ガーゼタイプの方が肌に優しいのですが、不織布マスクの方が使い捨てで常に清潔な状態を保つことができます。
そのため、ガーゼタイプを数枚用意して、使ったら洗うようにして下さい。

 

ガーゼタイプのマスクの中にもう一枚ガーゼを入れて、毎日取り換えるようにしても良いでしょう。

 

また、マスクを付けるときはメイクをしないことをおすすめします。
ファンデーション等がこすれると肌への刺激にも、汚れにもつながってしまいます。

 

ノーメイクで付けることで、肌荒れを防ぐことができるのです。

 

マスクを付けるときは、普段よりもしっかりと保湿をするようにしましょう。

 

マスクをすると、どうしても顔が乾燥してしまいがちです。
そのため丁寧にスキンケアをするようにしましょう。

 

マスクを付けるときは、肌のことを考えてつけるようにしましょう。

 

気を使いながら装着をすれば、マスクでの肌荒れを極力避けることができます。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン