メラニン色素を減らす

メラニン色素を減らす方法

 

シミを消す為に一番大切なことは、メラニンの生成を抑えることです。

 

メラニン色素の生成を抑える方法は2つあります。

 

一つ目は、メラニン色素を活性化させる成分を抑えることです。

 

メラニン色素は、チロシナーゼという酵素が活性化することにより生成されます。
そのため、チロシナーゼを阻害することで、メラニン色素を抑えることができるでしょう。

 

二つ目は、メラニン生成に関与する物質を遮断することです。

 

メラニン生成をするには情報伝達物質であるエンドセリンが深く関わっています。

 

エンドセリンを遮断することで、メラニンを作らないようにすることができるでしょう。

 

紫外線の刺激を受けると、エンドセリンはメラニン生成を促します。

 

しかしこのエンドセリンの情報伝達を抑えることで、メラニンを作らずに済むのです。

 

 

これらを実行する為には、さまざまな美容成分が効果的です。

 

シミ改善に良いと言われている成分はたくさんありますが、特にビタミンCやプラセンタエキス、ハイドロキノンやコウジ酸、L−システイン、エラグ酸、ルシノールやトラネキサム酸などは、メラニン色素の生成を抑えると評判の成分です。

 

美白スキンケアに良く含まれている成分なので見たことのある成分も多いでしょう。

 

濃度が高ければ高い程メラニン色素を抑える力は強いですが、高濃度であればある程皮膚に強い刺激を与える可能性があるので注意をしましょう。

 

アルビノとは?

 

人は、人種によってさまざまな色素量を持っています。

 

色素量によって皮膚の色から目の色、毛の色などが決められるのです。

 

日本人は黄色人種の色素量を持っているので、髪の毛が黒く、目も黒か茶色です。
肌は白というよりは黄色がかっている方が多いでしょう。

 

黒人は黒色の色素が多く、白人は薄い色をしています。

 

中でも特殊な色素量をしているのが、「アルビノ」という人種です。

 

アルビノは、色素量が全くないもしくは極端に少ないという特徴を持っています。
アルビノは人にもいますが、動物でも存在しています。

 

色素量が全くないアルビノは、皮膚の色も髪の毛の色も真っ白です。
目の色は赤く見えることが多いでしょう。

 

多少でも色素のあるアルビノは髪の毛が金色もしくは赤色で目の色は青色の場合もあります。

 

しかしとても特殊な色彩を持っているので、とても目立つでしょう。

 

中には眼だけアルビノという人もいますし、目以外の体全体がアルビノという場合もあるでしょう。

 

また、生まれた時はアルビノでも成長することで色素を持ち、髪の毛の色や肌の色が変化をする場合もあります。

 

そのためアルビノと言っても本当にさまざまなタイプの人が存在しているのです。

 

もし自分がアルビノかどうか気になった場合は、病院で検査をすることができます。

 

アルビノは色素がないため皮膚がとても薄く、白く、血液等の色を皮膚の上から確認することができます。

 

白人以上に白い素肌を持ったのが、アルビノなのです。

 

アルビノは色素量が他の人と違うだけで、後は他の人との違いはありません。

 

なぜアルビノが存在するのかというと、体内でチロシナーゼの生成をすることができない体質だからでしょう。

 

メラニン色素を生成するチロシナーゼですが、アルビノの人は突然変異でチロシナーゼの生成が出来ない状態で生まれてしまったのです。

 

遺伝でアルビノが生まれる場合も多いですが、基本的には突然変異で生まれます。

 

アルビノは病気などではありません。
しかし、アルビノは他者よりも皮膚が弱いので、紫外線対策をしっかりとおこわなければいけないのです。

 

メラニン色素は、紫外線から皮膚を守るために作られる成分です。

 

しかしアルビノはメラニン色素を作ることができないので紫外線のダメージをそのまま受けてしまいます。

 

皮膚ガンの確率も他の人に比べてとても高いので、徹底した紫外線ケアが必要なのではないでしょうか。

 

ビタミンCが効果的

 

ビタミンC メラニン色素

 

美肌やしみ予防、美白に欠かせない成分といえばビタミンCですよね。

 

美白スキンケアやしみ消しスキンケアにビタミンCが含まれていることも多いでしょう。

 

ビタミンCはとても有名な成分で、美肌だけではなく健康にも高い効果を発揮します。

 

しかしそんなビタミンCは、そのままでは栄養を十分に吸収することができない成分なのです。

 

ビタミンCは、空気に触れるとすぐに壊れてしまう成分です。
とても不安定なので、スキンケア等から吸収しようとしても、なかなか肌に浸透してくれないでしょう。

 

そのためただの「ビタミンC」では十分なシミ改善効果を実感することはできません。

 

そこでおすすめしたいのが「ビタミンC誘導体」です。

 

ビタミンC誘導体は、元々はビタミンC以外の成分ですが体内に取り込むことでビタミンCへと変化する成分です。

 

そのため通常のビタミンCよりも吸収率も良く、しっかりとビタミンCの成分を補給することができるでしょう。

 

体内で変換されたビタミンCは、シミくすみ予防、美白効果、ニキビ改善、肌のつやキメアップ、毛穴やしみの改善など、さまざまな美肌効果をもたらしてくれます。

 

より効果的にビタミンCの効果を得たい場合は、「ビタミンC」ではなく「ビタミンC誘導体」が配合されたスキンケアを使って見てはいかがでしょうか。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン