ニキビ跡

ニキビからシミに

 

にきび跡 シミ

 

シミというと、年配の方に起こる現象だと思う方が多いでしょう。

 

しかし、10代20代の方でも、ニキビ跡が原因でシミが出来てしまうかも知れません。

 

ニキビを正しく直さなかったり、ニキビが悪化するとニキビ跡として残ってしまいますよね。

 

そんなニキビ跡がシミとして残ってしまう場合があるのです。

 

 

ニキビ跡のシミには、2種類あります。

 

茶色いニキビ跡のシミは、炎症が起きたニキビの後に出来るシミです。
茶色いニキビ跡のシミは、一生残る可能性があります。

 

これは、肌が炎症したせいでメラニン色素が生成されたせいで出来たシミです。

 

通常の肌であれば、多少メラニン色素が生成されたとしてもシミになることはないでしょう。
しかし、肌の奥深くまで炎症で傷付いてしまうと、肌奥の真皮までダメージを受けてしまい、メラニン色素としてシミが残ってしまうのです。

 

 

赤黒いもしくは紫色のニキビ跡のシミは、メラニン色素ではなく炎症や化膿が原因で出来たシミです。

 

ニキビが出来て悪化すると、肌内部の毛細血管が壊れてしまいます。
そのせいで血管内の血液が漏れてしまい、細胞にまで染み渡り、黒色に変化してしまうでしょう。

 

これが影響して、肌表面にシミのように残ってしまうのです。

 

血液が原因で起こるシミなので、通常のシミとは違い赤系の色合いをしています。

 

このシミは、時間経過と共に改善することがほとんどでしょう。

 

ニキビ跡のケア方法

 

ニキビ跡を正しくケアすれば、シミとして残ることも、シミが悪化することもありません。

 

どの様にケアをすれば良いのでしょうか?

 

全てのニキビ跡に言えることですが、正しいスキンケアを丁寧に行うことが重要です。

 

スキンケアは洗顔をし顔表面の汚れを落とし、化粧水で肌を保水し、乳液やクリームで保湿をするのが一つの手順です。

 

他にも必要に応じて、クレンジングをしたり、美容液やイオン導入をして成分を補うこともあるでしょう。

 

正しく毎日続ければ、肌のターンオーバーも活性化して健康的な肌状態を作ることができるのです。

 

洗顔は特に大切です。

 

肌荒れした後の肌は、傷つきやすい状態になっています。

 

肌を擦ってしまうと、更に色素沈着が悪化してしまう可能性もあるでしょう。

 

洗顔をするときはたっぷりとの泡で、顔を擦らないように洗いましょう。
泡だけでも、十分肌表面の汚れを落とすことは可能です。

 

丁寧に優しく洗って下さい。

 

その後のすすぎは、丁寧に行いましょう。
泡が残っていると、ニキビの原因になってしまいます。

 

特に髪の毛の生え際や顎は洗い流し忘れやすい部分なので、しっかりと洗い流す様にして下さい。

 

 

ローションで保水をし、乳液で肌を整えることで肌に栄養が満ち、乾燥しらずのニキビが出来にくい肌質にすることができます。

 

 

より早くニキビ跡を改善したい場合は、ビタミンCを使ったケアがおすすめです。

 

ビタミンC導入剤等、ビタミンを吸収しやすいスキンケアを使うことで、肌内部が健康的になり、ニキビ跡も改善していくのではないでしょか。

 

ビタミン剤を飲んで体の中からニキビ跡を改善しても良いでしょう。

 

 

ピーリングをすることで、ターンオーバーを強制的に行いニキビ跡を薄くすることも可能です。

 

しかしピーリングは肌に負担がかかるので、やり過ぎないようにしましょう。

 

皮膚が敏感になっているときにピーリングをすると、逆に肌状態が悪化してしまう可能性もあるので気を付けてください。

 

毎日のケアを徹底することでニキビ跡は少しずつ改善していくでしょう。

 

自然には消えない

 

ニキビ跡は自然に消えるのでしょうか?

 

それは、「自然」の基準によって異なります。

 

毎日丁寧なスキンケアをして、たっぷりの睡眠を摂り、健康的な食生活を送り、紫外線対策をして、ストレスのたまらない生活を続けているのが「自然」な生活スタイルであれば、そのままでも十分改善出来るでしょう。

 

しかし、何もスキンケアもせず、紫外線対策もせず、食事からの栄養も不十分な状態であれば、自然にニキビ跡を改善することはできません。

 

特に、クレーター状態になっている等、悪化したニキビ跡は絶対に改善することはないでしょう。

 

ニキビ跡を改善したいのであれば、丁寧なケアを続ける必要があります。

 

しっかりとしたケアを継続すれば、早い段階でニキビ跡を改善することができるのではないでしょうか。

 

 

ニキビ跡を改善するうえでおすすめなのが、美白効果の高いスキンケアです。

 

ニキビ跡は、シミの一種です。
そのため、美白をすることにより、ニキビ跡もどんどん薄くなり改善していくでしょう。

 

美白効果の高いスキンケアを使い続ければ、より早くニキビ跡が改善して行きます。

 

しかし、美白効果の高いスキンケアは乾燥しやすいというデメリットもあります。

 

美白だけにとらわれず、保湿も徹底して行うことが重要です。

 

また、白い肌は紫外線の影響を受けやすいでしょう。
美白スキンケアで白い肌を目指すのであれば、紫外線対策も忘れないようにしましょう。

 

紫外線対策をすることで、肌の刺激を軽減してニキビが出来にくい、強い肌質を手に入れることも出来ます。

 

自然にニキビ跡が治る場合もありますが、ありのままの状態でニキビ跡を改善す

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン