ピーリング

シミを消せる?ピーリングの効果

 

ピーリングとは、肌表面のターンオーバーを強制的に行い行為です。

 

肌表面には古くなった角質が存在します。
ターンオーバーを行うことで、角質を剥がすことができるでしょう。

 

新しい肌に生まれ変わると、シミやニキビ跡も薄くなり、綺麗な状態となります。

 

しかし、ターンオーバーには定期的な周期があり、さまざまなきっかけで周期が遅くなってしまいます。

 

そんなターンオーバーを促進させるために行うのが、ピーリングなのです。

 

 

ピーリングは、主に皮膚科で行うことができます。
皮膚科で行うことができるピーリングはケミカルピーリングと呼ばれており、濃い酸を使って強制的にターンオーバーを行うことができるでしょう。

 

そのため、しっかりと肌の角質が除去されます。
人によっては痛みを感じたり赤みが起こるかもしれませんが、しばらくすると症状も緩和するでしょう。

 

 

ピーリングはもともとニキビ治療で行われていました。
しかしピーリングには透明感を出したり、シミを薄くしたりとさまざまな効果があると知られるようになり、美肌全般の施術として行われるようになったのです。

 

ピーリングを行うことで、肌細胞の再生を活発化させることができます。

 

また、肌の奥深くにまでとどまっているシミも少しずつ薄くすることが出来るでしょう。

 

しかし注意したいのが、「ピーリングは毎日やってはいけない」ということです。

 

最近は、自宅でピーリング出来る商品も増えて来ました。
ドラッグストアでも購入できるので、買った事があるという方も多いでしょう。

 

しかし、ピーリングは肌にとても負担をかけてしまうものです。
そのため毎日行っていると、どんどん肌表面が薄くなり、赤みや乾燥が悪化してしまいます。

 

痒みが生じたり、肌が傷ついた様になってしまう場合もあるでしょう。

 

毎日ピーリングをしたからといって、シミがどんどん改善する訳ではありません。
定期的に行うことで、シミ改善効果を実感することができるのです。

 

肌の負担を軽減する為にも、ピーリングは週に1,2回程度にしましょう。

 

病院でピーリングを行う場合は一か月に一度、2週に一度等、もっと日を開ける必要があります。

 

医師と肌状態を相談しながらピーリングを行ってください。

 

 

ピーリングで実際にシミが薄くなった人、改善したとう人は少なくありません。
美肌効果も実感できるシミ改善治療として、ピーリングはとてもお奨めの方法でしょう。

 

 

ピーリングでシミが濃くなることもあるの?

 

ピーリングは高いシミ改善効果を実感することができます。

 

しかし、逆にシミが悪化してしまう可能性があるともいわれているのです。

 

 

ピーリングはシミ改善治療としても使われていますが、実は「ピーリングを行うとシミが出来易い肌質になる」可能性があるのです。

 

なぜなら、ピーリングにより肌が繊細になるからでしょう。

 

強制的に肌表面の角質を剥がすので、肌が一時的に薄くなってしまいます。
そのせいで外部の刺激を受けやすくなり、紫外線による影響も受けやすくなってしまうでしょう。

 

そのため、紫外線によるシミが悪化しやすい傾向にあります。

 

ピーリングを行ったあとは、日焼け止めなどで紫外線対策を心掛けるようにして下さい。

 

肌表面の角質は、肌表面の防御をする役割もあります。

 

そんな防御を強制的に剥ぎ取ると、刺激を直接受けやすい状態になってしまいますよね。

 

ピーリングを行うときは、副作用を理解したうえで行いましょう。

 

シミ改善のためにピーリングをしたはずが、逆にシミが濃くなってしまうというパターンは珍しくありません。

 

肌に適性な強さのピーリング剤を使い、ピーリング後のケアもしっかりと行えば、シミが濃くなることもなく、ピーリングの効果を十分に実感できるのではないでしょうか。

 

 

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン