紫外線対策

美白・シミ対策は、まず紫外線を徹底的に避けよう!

 

シミを作りたくない!美白を徹底したい!!

 

そんな人が一番やらなければいけないことと言えば、紫外線対策でしょう。

 

シミの原因は紫外線にあります。
紫外線対策をすることでシミのない、白く美しい肌を維持することができるのです。

 

まず大切なのが、やはり日焼け止めでしょう。
日焼け止めを正しく使うことで、紫外線対策を行うことができます。

 

日焼け止めは、ただ適当に塗っていても十分な紫外線対策効果を実感することはできないでしょう。

 

正しい使用量を守り、小まめに塗りなおすようにしてください。

 

実は日焼け止めの効果は2,3時間程度だといわれています。
そのため、定期的に塗り直さなければ紫外線対策効果を得ることはできないのです。

 

顔は、メイクをしているので日焼け止めの塗り直しをすることは難しいでしょう。

 

そんな時には、日焼け止め効果のあるパウダーを使ったり、スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

 

特にスプレータイプの日焼け止めは髪の毛にも使うことができますし、全身の塗り直しを簡単に行うことができます。

 

スプレーなので密着して十分な日焼け止め効果を実感する事は難しいですが、塗り直しには使い勝手が良いでしょう。

 

日焼け止めは本当にさまざまな種類が販売されています。
強い日焼け止めだと十分な紫外線対策効果を得られるのでは?と思われがちですが、強い日焼け止めはそれだけ肌へも負担が掛かってしまうでしょう。

 

PAやSPFはその日の紫外線量や外出する時間帯、場所によって選ぶようにして下さい。

 

たとえば、日常生活の買い物や散歩程度なら弱い日焼け止めでも十分でしょう。

 

しかしスポーツやレジャー等外を出歩く活動の時には少し強めの日焼け止めが必要です。

 

炎天下のレジャーや海に行く等の時には一番強い日焼け止めをつかうと良いのではないでしょうか。

 

 

日焼け止めは塗り方もとても大切です。

 

顔に塗る場合は、パール1粒分程度が目安だといわれています。

 

化粧下地等と同じ様に、まずは頬や額、顎等部分的に日焼け止めを塗り、そこから指で全体に馴染ませていきましょう。

 

まぶたや小鼻などの忘れがちな部分にもしっかりと塗ってください。

 

首は忘れやすい部分なので、しっかりと広げるようにしましょう。
首は動きやすい部分なので丁寧にしっかりと塗ることをおすすめします。

 

日焼け止めを塗るうえでとても大切なことは、均一にすべてに塗ることです。

 

たとえば首の後ろや髪の毛の生え際、耳の裏等はどうしても塗り残しやすい部分です。

 

そんな状態で屋外に出たら、部分的に日焼けをしてしまうでしょう。

 

しっかりと紫外線対策をしたいのであれば、露出している部分をくまなく塗ることが大切です。

 

 

紫外線対策で一番大切なのは日焼け止めですが、日焼け止め以外でも紫外線対策を行うことも重要です。

 

たとえば日傘。

 

一番簡単にできる紫外線対策方法なのではないでしょうか。

 

ベタつかず、気になったときにさっと使うことができます。

 

日傘にはさまざまな種類があり、値段が高いものはUVカット機能も高いでしょう。

 

デザイン性も兼ね備えているので、ファッションがてら日傘を使う方も多いのではないでしょうか。

 

熱中症対策としてもおすすめです。

 

サングラスも良いでしょう。

 

実は、目元から紫外線が入る場合もあります。
目もとのシミが気になる人は、サングラスでの紫外線対策も良いかも知れませんね。

 

UVカットのカーディガンやパーカーも良いでしょう。

 

UVカット素材を着ていると、やはり普通の服よりもしっかりと紫外線を防いでくれます。

 

日焼け止めで紫外線を防ぐことは大切ですが、やはり物理的にも紫外線を防いだ方がより高い効果を実感することができるのではないでしょうか。

 

SPFの数値はいくつがいいの?

 

日焼け止めには「SPF」の数値が記載されています。
なんとなく、SPFが高い方が日焼け止め効果が高いという認識があるでしょう。

 

確かに間違ってはいません。

 

SPFについて理解をすることで、より自分にあった日焼け止めを選ぶことができるでしょう。

 

まず、SPFとはSun Protection Factorの略称です。
サンプロテクションファクターとは紫外線防御指数という意味合いを持っています。

 

紫外線を浴びた時に皮膚が赤くなるまでの時間をどれだけ長くできるか、の数値がSPFなのです。

 

SPFは20分程度を1単位と定めています。

 

そのため、SPF1の日焼け止めは、通常よりも20分程度皮膚が赤くなるのを抑えることができるという事となるでしょう。

 

SPF10の場合は3時間半程日焼け止め効果を実感できる日焼け止め、という事になります。

 

 

また、SPFを実感できるのはただ日焼け止めを塗っただけの状態ではありません。

 

1平方cm辺り2mgずつ皮膚に塗った時の数値が、SPFの数値なのです。

 

1平方センチにつき2mgとなると結構な量になってしまうので、たっぷりと日焼け止めを塗らなければSPFの十分な効果を実感することはできないでしょう。

 

 

そして、当たりまえではありますがSPFが強い方が皮膚への負担は強くなります。
そのため出来るだけ用途に合わせてSPFの強さを選んだ方が良いでしょう。

 

確かにSPFが強ければどこへ行っても、長時間塗り直さなくても平気かもしれません。

 

しかし、強ければそれだけ皮膚が乾燥し、外部の刺激を受けやすくなり、万が一日焼けしたときに治り難い状態になってしまうでしょう。

 

 

たとえば、近所にちょっと買い物に行く程度であればSPF20程度で十分でしょう。

 

長時間外出をするのであれば、SPF30程度が良いかもしれません。

 

現在市販されている日焼け止めの中で一番強いSPFは、50です。

 

SPF50というと、時間換算すると25時間以上となります。
そのため、実質SPFは50も必要ないといえるでしょう。

 

夜になると自然に紫外線はでなくなるので、一日中日焼け止めをする必要はありません。

 

しかし、炎天下にレジャー等に行く場合等は、それだけ強いSPFでないと日焼けをする可能性もあるでしょう。

 

 

また、SPFと同じくチェックしたいのがPAです。

 

PAはプロテクショングレイドオブUVAの略称であり、紫外線A波の防止効果の数値であるといわれています。

 

4段階あるので、用途に合わせて選びましょう。

 

肌にやさしいおすすめの日焼け止め

 

日焼け止め おすすめ

 

日焼け止め選びはとても重要です。
肌に優しく、しっかりと紫外線をカットしてくれて付け心地の良い…と、日焼け止めに望む効果は本当にたくさんあるでしょう。

 

評判の良いおすすめ日焼け止めについていくつかご紹介いたします。

 

比較的安めの金額で売られている日焼け止めの中では、キュレルのUVミルクがおすすめです。

 

植物由来の肌ダメージ防止成分が配合されているので、皮膚を傷めることなく使うことができます。

 

潤い成分としてユーカリエキスやアスナロエキス、セラミド機能成分などが配合されているので、保湿をしながら使うことが可能です。

 

乳液タイプなのでべたつかずしっとり、化粧下地としても使える程です。

 

もちろん日焼け止めとしての効果も十分。
SPF30でしっかりと紫外線をカットしてくれるのではないでしょうか。

 

敏感肌でも安心して使えると評判の商品です。

 

 

DHCの薬用サンブロックもおすすめです。

 

紫外線吸収剤不使用なので、肌荒れすることなく安心してお使い頂けます。

 

両微粒子の天然成分が配合されており、ウォータープルーフタイプなので汗や水にも負けません。

 

つっぱることなくさらっとつけられるので、夏場の化粧下地としても活躍するのではないでしょうか。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン