体にできたシミのケア

美白が必要なのは顔だけではない!年齢が出やすい部分

 

美白

 

いつまでも若々しくいるために、顔のスキンケアや日頃のファッションにこだわっている女性は多いでしょう。
実年齢よりも若く見られるのは、やはり嬉しいですよね。
ですが、あなたのエイジングケアは今のままで十分でしょうか?

 

顔のくすみを気にしている人は多いと思いますが、他のパーツにも気を遣ってみたほうが良いかもしれません。

 

例えば、肘や膝は年齢が出やすい部分と言われています。
衣服の擦れによる摩擦でダメージを受けたり、紫外線を浴びることでメラニン色素が生成されるなどして、知らないうちに黒ずんでしまっていることが多いです。

 

また、古い角質が蓄積されることで、肌が硬くなってゴワついてきてしまうこともあります。
肘や膝は、自然に黒ずみ・ゴワつきができて年齢を感じやすいパーツなので、日頃からケアを怠らないようにしていきましょう。

 

手軽にできるケアは、「保湿」です。
顔のスキンケアをするときにも、保湿は重要なケアですが、肘や膝などのパーツにも同じことが言えます。
肌が乾燥していると、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまうので、ダメージを受けやすくなってしまいます。

 

普段使っている美白化粧品でも体の美白ケアはできるのでしょうか?
その答えはこちらをご覧ください→美白化粧品で黒ずみケア

 

肘や膝の黒ずみは老けて見える原因

 

 

半袖を着たときに見える肘や、スカートを履いたときに見える膝が、年齢を感じさせてしまうことがあります。
若いころはきれいな肘・膝だったのに、気付いたら黒ずんでしまっていた…という人は多いでしょう。

 

肘や膝の黒ずみは、意識してケアをしていないと誰でもできてしまう可能性があるものです。
黒ずみができてしまう主な原因は、衣服の擦れによる摩擦や紫外線によるダメージです。

 

頬杖をつく癖がある人や、立ち膝・正座をすることが多い人は、さらに黒ずみができやすくなるでしょう。
普段からできるだけ肌の刺激を与えないように意識して、擦れても刺激が少ない素材でできた服を選んだり、外出の際には日焼け止めを塗ったりしてみましょう。

 

肘や膝に刺激を与えてしまったと感じるときには、丁寧なケアを行うことでカバーしていきましょう。

 

また、肌のターンオーバーが乱れていたり、入浴時に丁寧に体を洗えていないことなどが原因で、肘や膝に古い角質が溜まっていることもあります。
古い角質が黒ずみをつくることもあるので、できるだけ溜めないように気を付けましょう。
肌のターンオーバーを活性化できるような生活を心掛けても良いですし、ピーリングを行って古い角質を取り除いてしまう方法もあります。

 

 

 

毎日のケア

 

 

肘や膝をきれいに保つためには、毎日のケアが重要です。
すでに黒ずみができてしまっている場合でも、きちんとケアを続けることで目立たなくしていける可能性があります。
正しい黒ずみケアの方法を知って、年齢を感じさせない若々しい肌を手に入れましょう。

 

まず、黒ずみには保湿ケアが効果的です。
肌が乾燥していると、外部の刺激から肌を守るためのバリア機能が低下してしまうため、ダメージを受けて黒ずみができやすくなってしまいます。
黒ずみケアを続けている間にダメージを受けてしまうことも避けたいので、きちんと保湿をしてバリア機能を維持していきましょう。

 

特に入浴後は、体に付着している水分が蒸発して乾燥しやすくなります。
風呂場を出たらすぐにケアをすることを心掛け、乾燥を防いでいきましょう。

 

また、黒ずみ専用のケアアイテムを使用してみることもおすすめです。
黒ずみをケアするためのクリームやジェルは数多く発売されており、それぞれの商品に特徴があります。

 

肘や膝の黒ずみを目立たなくしていくために、美白成分と保湿成分がたっぷりと配合されているアイテムを選んでみましょう。
できるだけ無添加にこだわっているものを選べば、安心してケアを続けていけます。

 

シミ消し化粧品ランキング1位!ビーグレン